FC2ブログ

【麗奏ピレル】について考察! 【サイクロトロン】デッキを支える[マーメイド]!2つのサポートで謎のイケメンさんの心を捕らえよう!?

「オール☆ゼクスターズ」が発売してからゼクス関連のブログが賑わっていますね!

「オール☆ゼクスターズ」ではパートナーゼクスをメインにしたデッキの強化・構築がやりやすいので、新しいデッキを作る良い機会となっています。


さて本日はブースターパック第16弾「神域との邂逅」より、

【麗奏ピレル】

の考察をしていきたいと思います!



麗奏ピレル
麗奏ピレル

カード種類:ゼクス
種族:マーメイド
コスト:コスト4
パワー:6000

能力分類:自動能力
有効範囲:スクエア
誘発:このカードが登場する。
効果:あなたのトラッシュにあるカード名に「サイクロトロン」を含むゼクスを好きな枚数選びデッキに戻し、シャッフルする。1枚以上戻したならば、あなたのデッキの上から3枚見て、好きな順番でデッキの上に戻す。


能力分類:起動能力
有効範囲:スクエア
コスト:青のリソース1枚をスリープする。
効果:あなたの手札にあるカード名に「サイクロトロン」を含むゼクスを1枚選び公開し、デッキに戻す。戻したならば、シャッフルし、カードを1枚引き、1回イグニッションする。




■どんなカードなの?

どれくらいの人数がいるのか定かではありませんが、謎のイケメンさんを狙っている[マーメイド]の一人です。


謎のイケメンさん…、一体何ープスなんだ…?



【謎のイケメンさんアドミニストレータ カノープス
アドミニストレータ カノープス
(ブースターパック第14弾「断罪の白焔弓」収録)



さて、【麗奏ピレル】は能力を2つ持っており、いずれも「サイクロトロン」に関係しているため[マーメイド]らしい能力は持っていません。

そのため[マーメイド]を軸にしたデッキでは残念ながら活躍する機会はほぼないでしょうが、「サイクロトロン」を軸に据えたデッキでは非常に優秀なサポートゼクスとなります!


謎のイケメンさんに向けて行う【麗奏ピレル】の積極的なアピール、早速考察してみましょう!



■トラッシュの「サイクロトロン」をデッキへ戻し、デッキトップ3枚を固定!

1つ目の能力として、登場時にトラッシュにある「サイクロトロン」を含むゼクスを任意の枚数選び、デッキへ戻すことができます。

更に、デッキへ1枚以上戻した時、デッキをシャッフルした後、デッキトップ3枚の内容を確認し、任意の順番へ変更することが可能となっています!


「オール☆ゼクスターズ」に収録されている【黒神器の機動サイクロトロン】は相性がよく、合わせて採用すれば序盤からの能力誘発が見込めます!


【黒神器の機動サイクロトロン】
黒神器の機動サイクロトロン
(EXパック第10弾「オール☆ゼクスターズ」収録)

【サイクロトロン】デッキ待望のIGアイコンを持ったコスト3の「サイクロトロン」で、ウェイカーオープン能力持ちゼクス。

さらに攻撃で相手ゼクスを破壊した時、デッキトップ5枚を公開し、「サイクロトロン」を含むゼクスを1枚手札に加えることができる能力を持っているため、先攻となった序盤からでも積極的にスクエアへ展開することができるゼクスとなっています!



優秀な能力なのですが、【麗奏ピレル】でデッキに戻せる「サイクロトロン」はゼクス限定となっていますので、絆リンクでもあるイベントカードの【サイクロトロンと超 鉄硯の絆】を戻せない点は注意が必要です。


【サイクロトロンと超 鉄硯の絆】
サイクロトロンと超 鉄硯の絆
(ブースターパック第22弾「因果からの脱出」収録)

イベントとしてプレイした際は[メタルフォートレス]を攻撃しているコスト4以下の相手ゼクス1枚を手札へバウンスすることができる、防御用の能力となっています。

絆リンクが成立した際はデッキトップ3枚を公開し、「サイクロトロン」を含むカード1枚につきノーマルスクエアの相手ゼクス1枚を手札へバウンスすることができる、非常に強力な盤面整理能力を持っています。




■デッキに「サイクロトロン」を戻しつつイグニッション!

2つ目の能力は起動能力となっており、メインフェイズ中にイグニッションを行うものとなっています!

能力起動には青のリソース1枚をスリープするだけではなく、手札にある「サイクロトロン」を含むゼクスを1枚、デッキへ戻す必要がありますので、デッキ構築の段階で「サイクロトロン」を多めに採用したほうがいいでしょう。

「サイクロトロン」をデッキに戻した後は、デッキをシャッフルし、1枚ドローを行いますので手札損失がない点も優秀です!


また、この起動能力はターン1回制限や自分ターン中といった制限がない点も見逃せません!




■試してみたい組み合わせ

【麗奏ピレル】の能力は、どちらも「サイクロトロン」をデッキに戻すことができるデザインとなっています。

そして、起動能力でイグニッションが可能となっているため、IGアイコンを持った【黒神器の機動サイクロトロン】や、能力でIGアイコンを得ることができる【双醒真輝サイクロトロン】の組み合わせは鉄板でしょう!


【双醒真輝サイクロトロン】
双醒真輝サイクロトロン
(ブースターパック第15弾「起動!超神器」収録)

[ゼロオプティマ3]と、手札が4枚以上ある時にIGアイコンを得ることができる「サイクロトロン」です。

現在の【サイクロトロン】デッキにおいて主力のゼクスとなっており、採用されない構築は少ないのではないでしょうか。

イグニッションで登場させることができるゼクスの中では強力なゼクスの1枚となっており、登場時に現在【双醒真輝サイクロトロン】だけが持つ能力[InfiniteSolitude]を誘発させることができます。

[InfiniteSolitude]は、登場した【双醒真輝サイクロトロン】以外の自分のゼクスを任意の枚数選び、手札に戻すことができる能力です。

【麗奏ピレル】の起動能力で登場させることができれば、すでに攻撃している自分のゼクスを手札に戻すことで攻撃回数を増やすことが可能です!



【麗奏ピレル】の起動能力でイグニッション回数を増やすことが可能になりますので、[エヴォルシード]との組み合わせも考えられます。

青の[エヴォルシード]の場合、[絶界]を無視した盤面除去手段として【漆黒のローレンシウム】、デッキトップ3枚を固定することができる【金字変形トライゴルド】あたりが採用候補でしょうか。


【漆黒のローレンシウム】
漆黒のローレンシウム
(ブースターパック第4弾「黒騎神の強襲」収録)

相手のプレイヤースクエアの隣のスクエアにある相手のゼクスすべてを手札に戻すことができるイベントカードです。

[エヴォルシード]能力によりデッキからトラッシュへ置く時、手札のカードをトラッシュへ置くことでこのカードを手札に加えることができます。

そのため、1枚採用でも手札に引き込める可能性が高く、コスト4という重さに見合った面白いイベントカードです。


【金字変形トライゴルド】
金字変形トライゴルド
(ブースターパック第8弾「神祖の胎動」収録)

[エヴォルシード]能力により、デッキトップ3枚の内容を確認し、任意の順番で入れ替えることができます。

【サイクロトロン】デッキに限った話ではありませんが、イグニッションの成否はゲームの展開に非常に大きな影響を与えます。

デッキトップ3枚の範囲は次の自分の手札と1回目のイグニッションの内容となるため、その範囲の内容を把握し操作できる能力は非常に強力なものです。

【麗奏ピレル】の起動能力で【金字変形トライゴルド】の[エヴォルシード]能力が誘発した場合、そのターン中は【麗奏ピレル】の起動能力の追加起動は控えることになりますが、相手に与えるプレッシャーは非常に大きなものになるでしょう。



【サイクロトロン】デッキではイグニッションの比重が大きいため、単色構築にて採用ができるスタートカード【追憶の奏者ディラン】を用いたいところですが、イグニッションで強力なゼクスは他の色にも複数存在します。


【追憶の奏者ディラン】
追憶の奏者ディラン
(ブースターパック第20弾「祝福の蒼空」収録)

イグニッションフェイズ開始時にデッキトップ1枚の内容を確認し、デッキトップかボトムへ置くことができます。

【麗奏ピレル】との相性は非常によく、ボトムに置いたカードが必要になった際には【麗奏ピレル】の能力でデッキシャッフルが可能な点、【追憶の奏者ディラン】はチャージに置いておく必要があるためイグニッションフェイズでのイグニッション回数が減ってしまう弱点も【麗奏ピレル】の起動効果でのイグニッションが可能な点がカバーしています。



青以外での組み合わせとしては、白なら【恋の応援モテッツ】、赤なら【極麗六鳥 籠絡の胡喜媚】といったところでしょうか。



【恋の応援モテッツ】
画像恋の応援モテッツ
(2017年5月~7月 ゼクスタ景品)

言わずと知れた白の強力ゼクスです。

ウェイカーオープンだけでなく、[ウェイカーLv2]という非常に軽い条件を満たした状態で攻撃するだけでライフの中身を確認し、ライフにあるカードを1枚選び、チャージか手札に置くことができます!

【サイクロトロン】デッキでは手札枚数は4枚以上を確保したい点、イグニッションの回数も可能な限り多くしたいのでチャージの枚数が必要という点で非常に噛み合っています。


【極麗六鳥 籠絡の胡喜媚】
極麗六鳥 籠絡の胡喜媚
(ブースターパック第18弾「覚醒する希望」収録)

[ウェイカーLv5]以上を満たす必要がありますが、IGアイコンを得ることができるゼクスです。

更に起動能力を追加で獲得し、ターンに1度、コスト5以下の相手ゼクスを除外することが可能になります!




■まとめ

「オール☆ゼクスターズ」により【サイクロトロン】デッキは大きく強化を受け、合わせて【麗奏ピレル】の活躍する機会も増えた印象です!

【サイクロトロン】デッキとして構築する際は[メタルフォートレス]サポートを合わせるのも強力ですが、【麗奏ピレル】を2~3枚採用しておくとデッキの回転が良くなりますのでお勧めです。


本日の考察は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!



■余談

手札へのバウンスが多くなるから、【シャスターFPGAアトラス】との組み合わせもありかも?


【シャスターFPGAアトラス】
シャスターFPGAアトラス
(ブースターパック第21弾「叛逆の狼煙」収録)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR