FC2ブログ

【喝采の先陣フィーユ】について考察! 「オール☆ゼクスターズ」に収録されるHRの「フィーユ」!能力での組み合わせは「フィーユ」だけに留まらない!?

公式HPでのカード紹介、「オール☆ゼクスターズ」の分はやらないのでしょうか。
結構好きだったで、ブースターパック第23弾「天魔神狂乱」のときは期待したいです。


さて、本日はEXパック第10弾「オール☆ゼクスターズ」より、最後のHR【喝采の先陣フィーユ】を考察していきたいと思います!



喝采の先陣フィーユ
喝采の先陣フィーユ
カード種類:ゼクス
種族:ライカンスロープ
コスト:コスト7
パワー:10500

能力分類:起動能力
プレイヤー指定:「相馬」
有効範囲:スクエア
誘発:このカードをリソースにスリープで置く。
効果:あなたのリソースにカード名に「フィーユ」を含むカードが4枚以上ある場合、「喝采の先陣フィーユ」以外のあなたのリソースにあるカード名に「フィーユ」を含むゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させる。この能力はあなたのターンにしかプレイできない。

【指定スクエア】
指定スクエア




■どんなカードなの?

「フィーユ」は虫取り名人こと緑のプレイヤー「剣淵相馬」のパートナーゼクスです。

一時期「剣淵相馬」と離れてしまう事態にもなりましたが、紆余曲折あり元の鞘に収まりました。

現在では

少女誘拐の片棒を担ぎ、逃亡生活中となっています。


「フィーユ」には様々な種類があり、持っている能力も下記のように多岐に渡ります。

(1)スクエアへのゼクス展開
(2)デッキトップ公開式の手札補充
(3)ゼクスのパワーパンプ
(4)リソースのゼクスとの入れ替わり
(5)リソース追加

最近では絆リンクも登場し、相手ゼクスをリソースに置くという除去も可能になりました!

…緑でやれること、網羅しているのでは?


さて、今回HRにて収録される【喝采の先陣フィーユ】が持っている能力は自身をリソースに置くことで、リソースにある別の「フィーユ」へ入れ替わることができる能力となっています。

入れ替わる先のスクエアに指定がありますが、かなり融通が利く強力な能力となっている様子!

早速考察してみましょう!




■能力を最大限発揮させるにはリソース内に「フィーユ」が4枚以上必要!

リソースにいる「フィーユ」と入れ替わるには、コストでリソースに置いた【喝采の先陣フィーユ】を含め、リソースに「フィーユ」カードが4枚以上必要になります。

そのため、リソースに無理なく「フィーユ」を置けるようにデッキを構築する必要が出てきます。



気兼ねなくリソースへ置くことができる「フィーユ」ということで、リソースに置くことで効果を発揮する絆リンクの【披荊の双肩フィーユ】と【フィーユと相馬 斬棘の絆】の採用は鉄板でしょう。


【披荊の双肩フィーユ】
披荊の双肩フィーユ
(ブースターパック第21弾「叛逆の狼煙」収録)

IGアイコンを持つ「フィーユ」となっており、絆リンク効果発動時にはノーマルスクエアにある相手ゼクスをリソースへ置くことで、デッキトップ1枚を自分のリソースへ置きます。

リソースへ置く相手ゼクスのコスト指定がないこと、置くかどうか任意で選べることから序盤から終盤まで柔軟に立ち回ることができます。

そして、盤面に自身が登場することになった場合も起動能力で自身のパワーをコスト3バニラと同じ、パワー5000にすることができるため腐ることが少ない非常に強力なゼクスとなっております!


【フィーユと相馬 斬棘の絆】
フィーユと相馬 斬棘の絆
(ブースターパック第21弾「叛逆の狼煙」収録)

イベントカードとしての効果は自身のチャージにあるコスト4以下のゼクスを1枚リソースへ置くことができるという、リソース追加の効果となっています。

この効果でチャージにある【披荊の双肩フィーユ】をリソースへ置くことができるため、相手ターンでの絆リンク発動も狙えます!

絆リンク効果の発動には自身のリソースが5枚以上必要となりますが、リソースにある【披荊の双肩フィーユ】をスリープさせることで、リソースにある「フィーユ」を含むゼクスをターン終了時まで一時的にノーマルスクエアに登場させることが可能です。

「フィーユ」を含むゼクスはコスト3以上となっているため、踏み倒し手段として非常に優秀なのですが、登場させたターン中はリソース枚数が1枚減ってしまうため[ディンギル]の降臨を狙う際には注意が必要です。



自身を能力の処理でリソースに置くことができる【繚乱の芳魂フィーユ】も採用候補に挙がります。


【繚乱の芳魂フィーユ】
繚乱の芳魂フィーユ
(スターターデッキ第14弾「戦陣の獅子」収録)

「オール☆ゼクスターズ」へ再録されるゼクスなので入手しやすく、[ゼロオプティマ2]を満たす必要がありますが、リソースに置いた【喝采の先陣フィーユ】との入れ替わりを狙えるようになります。

最速ターンでの【喝采の先陣フィーユ】との入れ替わりは強力ではありますが、入れ替わったタイミングでは【喝采の先陣フィーユ】の効果は起動できないため、最低1ターンは相手ターンをやり過ごす必要があるので注意が必要です。



もし狙うのでしたら、コスト1のイベントカードを合わせて採用することをお勧めします。

候補としてはパワーパンプ系イベントの【首領の大喝】や、盤面のゼクス破壊が狙える【Intention of Yggdrasil】、指定されたスクエアにいるゼクスがダメージを与えられなくなる【栄えたるは我が血潮】などでしょうか。


【首領の大喝】
首領の大喝
(ブースターパック第6弾「五神竜の巫女」収録)

ターン中、自分の[ライカンスロープ]のパワーを+2000することができるイベントカードです。

他にもパワーを+2000することができるイベントカードは複数ありますが、デッキの構築上[ライカンスロープ]が多くなると思いましたので、効果対象が増える可能性がある【首領の大喝】を挙げさせていただきました。


【Intention of Yggdrasil】
Intention of Yggdrasil
(ブースターパック第15弾「起動!超神器」収録)

プレイする際にトラッシュに「フィーユ」を含むカードが置かれている必要があるため、安定して使えるかどうか不安がありますが、緑では珍しい盤面のゼクスを破壊することができるイベントカードです。

このイベントカードの面白いところは、このイベントカード自体にゼクスを破壊する効果があるわけではなく、自身のプレイヤーカードである「剣淵相馬」にゲーム終了時まで盤面のゼクスを破壊することができる起動効果を付与する部分です。

そのため【Intention of Yggdrasil】をプレイすることができれば、ゲーム終了まで盤面のゼクス破壊を常にプレイングの選択肢に入れることが可能になります!


ただし、ゼクス破壊後は自身に1ダメージが発生しますので、効果起動は計画的に行う必要があります!


【栄えたるは我が血潮】
栄えたるは我が血潮
(ブースターパック第19弾「覇神を穿つ者」収録)

「覇神を穿つ者」に収録されている「ギルガメシュ」関連のイベントカードの1枚で、追加コストを支払うことで効果が強力になる面白いイベントカードです。

◆コスト1(追加コストなし)でプレイした場合
・指定スクエアのスリープ状態のコスト3以下のゼクスを1枚選び、ターン中ダメージを与えられなくなる。

◆コスト4(追加コストあり)でプレイした場合
・デッキトップ1枚をリソースに置いた後、リソースからカードを1枚選び手札に戻す。
・指定スクエアのゼクスを1枚選び、ターン中ダメージを与えることができなくなる。


【指定スクエア】
指定スクエア


【繚乱の芳魂フィーユ】での最速【喝采の先陣フィーユ】入れ替わりを狙う場合、コスト1でのプレイとなりますが、相手のイグニッション成功で登場したゼクスからの攻撃を無力化できる為、【喝采の先陣フィーユ】の生存率が上がります!





■入れ替わる「フィーユ」はどうするか?

起動能力にてリソースにある【喝采の先陣フィーユ】以外の「フィーユ」と入れ替わることができますが、どの「フィーユ」と入れ替われば強力な動きとなるのかを考えたいと思います。

「フィーユ」は複数種類があり能力も多岐に渡りますが、入れ替わり先のスクエアが相手プレイヤースクエアに隣接するスクエア以外となっているため、相手プレイヤーへダメージを与えることはできないようになっています。

そのため、入れ替わり先の考え方としては下記の2種類が主流となりそうです。


(1)パワーパンプ能力を持った「フィーユ」に入れ替わり、防御性能を上げる。
(2)スクエアへゼクスを登場させる能力を持った「フィーユ」に入れ替わり、攻撃性能を上げる。



(1)の場合、候補となるのは【コンテストのフィーユ】か【翠弓の射手フィーユ】です。


【コンテストのフィーユ】
コンテストのフィーユ
(ブースターパック第9弾「覇者の覚醒」収録)

条件を満たせばスクエアにいる自分のゼクスのパワーを+2000する常在能力を持っています!

当然【コンテストのフィーユ】自身のパワーも+2000されるため、通常の攻撃による破壊がされにくくなります。

注意点としては【フィーユ】デッキではなく【コンテスト】デッキとなってしまいますので、リソースの調整がかなりシビアになってしまう点でしょうか。


【翠弓の射手フィーユ】
翠弓の射手フィーユ
(ブースターパック第10弾「真紅の戦乙女」収録)

【フィーユ】デッキならばこちらの【翠弓の射手フィーユ】のほうに出番がありそうです。

[アルターフォース]で「フィーユ」を含むカードをフォース領域へ置く必要があり、効果が起動できるのは実質1回きりとなっていますが、スクエアにいるゼクスを2枚まで選んでパワーを+3000することができます。

パワーパンプの値が大きい点、パワーパンプの対象に【翠弓の射手フィーユ】以外を選べる点が優秀ですが、能力起動後はバニラ状態となってしまいますので起動タイミングの見極めが必要になります。



(2)の場合、【樹海の乙女フィーユ】が当てはまります。


【樹海の乙女フィーユ】
樹海の乙女フィーユ
(2017年11月~2018年1月 ゼクスタ景品)

最初に登場した名前に「フィーユ」を含むゼクスであり、現在の「ゼクスタ」にてリビルドされたものが景品に含まれています。

登場時に指定スクエアへ、リソースからコスト6以下のゼクスを1枚選びスリープ状態で登場させることができます。

【指定スクエア】
指定スクエア


【喝采の先陣フィーユ】と異なり、相手のプレイヤースクエアを攻撃できるスクエアへゼクスを登場させることができますが、登場させるゼクスはスリープ状態となるので、そのままでは攻撃することができません。

相手プレイヤースクエアを攻撃したい場合、ゼクスを登場させる能力持っているゼクスを【樹海の乙女フィーユ】の能力で登場させる必要が出てきます。

コスト6以下でゼクスを登場させる能力を持ったゼクスは複数存在していますが、今回は【獣人ウェアワラビー】、【永永無窮の焦れピュアティ】の2枚を候補に挙げたいと思います。


【獣人ウェアワラビー】
獣人ウェアワラビー
(ブースターパック第16弾「神域との邂逅」収録)

起動コストに緑を含むリソース2枚のスリープが必要ですが、リソースにあるコスト6以下の[ライカンスロープ]をリブート状態でノーマルスクエアへ登場させることができます。

起動コストを払える限り何回でも起動することができますので、一気に勝負を決めに行くことも可能です!

【獣人ウェアワラビー】の能力で登場させたゼクスはターン終了時にリソースへ戻ってしまうため返しのターンに不安が残りますが、【疾風飛天ウェアジャガー】の起動効果と組み合わせることで盤面にゼクスを残すというプレイングも可能になります。


【疾風飛天ウェアジャガー】
疾風飛天ウェアジャガー
(ブースターパック第22弾「因果からの脱出」収録)

[ウェイカーLv3]と、緑1枚のリソースをスリープする必要がありますが、【疾風飛天ウェアジャガー】以外のスクエアにあるリブート状態のゼクスをリソースへ置くことで、リソースから自身を登場させることができ、相手のコスト5以下のゼクスをリソースへ置く除去能力も合わせて発生します。

【獣人ウェアワラビー】はリソース2枚でリブート状態のゼクスを用意できるので、都合リソース3枚で、コスト5の【疾風飛天ウェアジャガー】をノーマルスクエアへ登場させることができます。

その際、【獣人ウェアワラビー】で登場させるゼクスを、リソースに置いたときに効果が誘発する【披荊の双肩フィーユ】や、登場時に[ウェイカー]をオープンできる【ストライク・バック フィーユ】などにしておくことでより強力な動きにすることが可能です!


【ストライク・バック フィーユ】
ストライク・バック フィーユ
(ブースターパック第22弾「因果からの脱出」初回限定セット 同梱)

IGアイコンを持つ「フィーユ」カードの3種類目となっており、[ウェイカー]オープン能力を持っています。

[ウェイカーLv3]から攻撃した時にデッキトップ1枚を公開し、手札に加えるかリソースに置くかを選べるようになるので、デッキ内の「フィーユ」を増やせるだけでなく、状況に応じたアドバンテージを稼げる優秀なゼクスです!



【永永無窮の焦れピュアティ】
永永無窮の焦れピュアティ
(ブースターパック第22弾「因果からの脱出」収録)

[ウェイカーLv4]が必要なため最速での運用は難しいかもしれませんが、登場時にリソースからコスト4以下のゼクスを1枚選び、ノーマルスクエアへ登場させることができます。

【永永無窮の焦れピュアティ】の能力でリソースからゼクス登場させた場合、デッキトップ3枚を公開し、その中のゼクスを1枚手札に加えるか、リソースに置きますので、リソースの損失をなくすことが可能です!

そして【永永無窮の焦れピュアティ】の能力で登場したゼクスはターン終了時にリソースに戻りませんので、盤面を埋めつつ相手にターンを渡すことが可能となっています。




■まとめ

【フィーユ】デッキ、【ライカンスロープ】デッキでの活躍が見込める面白いゼクスだと思います!

起動能力での入れ替わりとなっているので、自分の好きなタイミングで入れ替わることが可能な点も魅力的です。

組み合わせの際には【樹海の乙女フィーユ】を合わせることで動きの幅がかなり大きくなりますが、リソースからの登場が多くなる場合、【鼠娘ウェアマウス】を一緒に採用しておきたいところです!


【鼠娘ウェアマウス】
鼠娘ウェアマウス
(ブースターパック第20弾「祝福の蒼空」収録)


本日の考察は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!



■余談

休日だからのんびり記事を書いていたら過去最長になるとは思わなかった…。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR