FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告げられし福音ミカエル】について考察! 「オール☆ゼクスターズ」に収録される白のHR!採用できるデッキは限られてそうだけど繋ぎとしてなかなか便利!?

本日はニコニコ生放送にて「イグニッション放送局」がありましたね!
未判明だったカードや新しい情報もいくつか出てきましたので、見応えがありました!


さて、本日はEXパック第10弾「オール☆ゼクスターズ」より、【告げられし福音ミカエル】を考察していきたいと思います!



※現在画像はございません。

告げられし福音ミカエル
カード種類:ゼクスエクストラ
種族:ウェイカー/エンジェル
コスト:コスト5
パワー:7500
覚醒条件:あなたのトラッシュにあるイベントを2枚デッキに戻し、シャッフルし、あなたのデッキの上から2枚のカードをトラッシュに置く。

能力分類:自動能力
有効範囲:スクエア
誘発:このカードがデュナミスから登場する。
効果:ノーマルスクエアにある相手のコスト5以上のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置く。 あなたのデッキの上から5枚公開し、その中にあるイベントを1枚選び、手札に加える。公開した残りのカードを元に戻し、シャッフルする。



■どんなカードなの?

「ミカエル」は今まで何度か収録されておりましたが、今回は[ウェイカー]として収録されることとなりました!


相変わらずの高レアリティでの収録となっています。


※正式には「ミカエルS.K.」と呼ぶのが正しいのでしょうが、今回の記事では「ミカエル」で通させていただきます。


「ミカエル」の正体は[S.K.]のイニシャルが示す通り、白のプレイヤーである「上柚木 さくら」が白の世界において[四大天使]として覚醒した姿です。

ストーリーでは[終末天使]により長らく拘束されるという憂き目にあっていましたが、「フォスフラム」や[ディンギル]の「アヌ」の活躍(?)により現在は自由の身となっております。

現在、白の世界は大規模な混乱状態となっており、[四大天使]も大きな痛手を被っておりますので、復活した「ミカエル」の今後の活躍が期待されます!



さて、「ミカエル」はイベントカードに関係した能力を獲得することが多く、今回の【告げられし福音ミカエル】もイベントに関する能力となっています。

早速考察してみましょう!



■独自の覚醒条件

白のウェイカーの覚醒条件は[トラッシュにあるコスト5以上のカードを2枚デッキに戻し、シャッフルする]というものが基本なのですが、【告げられし福音ミカエル】の場合は全く別の覚醒条件となっております。


通常の覚醒条件との違いは2点あり、下記のとおりです。

(1)トラッシュからデッキへ戻すカードにコスト指定がなく、イベントカードのみになっている。

(2)デッキに戻してシャッフルした後に、デッキから2枚をトラッシュへ置く



通常と異なった覚醒条件となっている理由ですが、「ミカエル」は[四大天使]という特別な立場だから、ということもあるかもしれませんが、【告げられし福音ミカエル】が主に採用されるであろう【ミカエル】デッキを想定しての調整の結果だと思われます。


というのも、【ミカエル】デッキにおいて軸となるのは【四大天使ミカエルS.K.】か【天啓の熾天使ミカエル】になることが多いのですが、どちらもトラッシュに一定枚数のイベントカードを要求します。


【四大天使ミカエルS.K.】
四大天使ミカエルS.K.
(ブースターパック第5弾「覇王の凱歌」収録)


【天啓の熾天使ミカエル】
天啓の熾天使ミカエル
(ブースターパック第19弾「覇神を穿つ者」収録)


そのため、通常のデッキよりもデッキ内にイベントカードを多めに採用する必要があり、通常の白の[ウェイカー]の覚醒条件である[トラッシュにコスト5以上のカードを2枚以上用意する]ことがやや難しくなっていますので、それを見越しての覚醒条件でしょう。


【告げられし福音ミカエル】の覚醒条件でトラッシュからイベントカードが2枚減ってしまう点は無視できませんが、覚醒条件でデッキから2枚カードをトラッシュへ置きますので[エヴォルシード]の誘発もできますし、最終的なトラッシュのイベントカードの総数が覚醒前と比べて-2枚~0枚となる点は強すぎず弱すぎずの良い調整だと思います。




■登場時に盤面除去とイベント確保!

登場時、特にコストを支払うことなく、ノーマルスクエアにいるコスト5以上の相手ゼクスを1枚デッキボトムへ送ることができます。

コスト5以上の指定なので【告げられし福音ミカエル】よりもコストが大きいゼクスも処理できる点が非常に優秀です!


更に盤面処理だけでなく、デッキトップ5枚からイベントカードを1枚探して、手札に回収することができます。

前述したとおり【ミカエル】デッキでしたらイベントカードの採用枚数が多いでしょうし、覚醒条件で2枚デッキに戻していることもありますので、手札にイベントカードを加えることができる確率は高いと思います。

そして手札に加えることができるイベントカードには、色やコストの指定がない点もありがたいです。



■試してみたい組み合わせ

【ミカエル】デッキで採用されることが多いでしょうから、イベントカードとの組み合わせを考える必要があると思います。
そして、組み合わせるイベントカードにも大きく分けて2つの用途があります。

(1)【告げられし福音ミカエル】の覚醒条件を満たすために序盤から使用したいイベントカード。

(2)【告げられし福音ミカエル】の自動能力で手札に加えたいイベントカード。



覚醒条件を満たすために序盤から使用したいイベントカードとなると、【精神の胎動】などのウェイカーオープンイベントが候補に挙がります。


【精神の胎動】
精神の胎動
(ブースターパック第18弾「覚醒する希望」収録)

ウェイカーオープンイベントの1枚で、[デュナミス]の[ウェイカー]を1枚表向ければ、ノーマルスクエアの相手ゼクスのパワーを-2000し、チャージからコスト3以下のゼクスを指定スクエアへ登場させることができます。

【指定スクエア】
対象スクエア

自分のゼクスを相手の攻撃から守る使い方もできますし、序盤で破壊されたスタートカードを再度登場させて破壊時効果を再度使用するというプレイングにも使えます。

再利用するスタートカードとしては、破壊時にデッキトップを2枚トラッシュへ置くことができる【絶望の扉ボーンゲート】が筆頭に挙がります。


【絶望の扉ボーンゲート】
絶望の扉ボーンゲート
(ブースターパック第8弾「神祖の胎動」収録)



【告げられし福音ミカエル】の自動能力で手札に加えるイベントカードは、軸にしている「ミカエル」の種類で異なってくるでしょう。

【天啓の熾天使ミカエル】の場合は手札にあるイベントカードを、コストを支払わずにプレイすることができますので、純粋に組み合わせたいイベントカードを手札に回収するようになると思います。


【四大天使ミカエルS.K.】の場合、最終的に組み合わせたいイベントカードはトラッシュに存在しなければいけません。

構築によるのですが、組み合わせたいイベントカードをメイン色以外のものにしている場合、トラッシュへカードを置くことができるイベントカードを手札に加えることが望ましいです。


そのため、【レゾリューションブラスト】の採用は半ば必須になると思います。


【レゾリューションブラスト】
レゾリューションブラスト
(ブースターパック第12弾「魔蠱の人形姫」収録)

デッキトップ7枚を確認し、イベントカードを好きな枚数トラッシュへ置くことができるイベントカードです。

この効果で2枚以上イベントカードをトラッシュへ置けば、ノーマルスクエアの相手ゼクス1枚をデッキボトムへ送ることができるのでトラッシュへ必要なイベントカードを置く役割だけでなく、盤面処理用のイベントカードとしても活躍が期待できます!



また、【告げられし福音ミカエル】の覚醒の際、デッキトップ2枚をトラッシュへ置くことから、[エヴォルシード]との組み合わせも考えられます。


[エヴォルシード]を持つイベントカードの中では【ノーザンクロスメイルストローム】と【バタフライドミネーション】はおすすめです。


【ノーザンクロスメイルストローム】
ノーザンクロスメイルストローム
(ブースターパック第11弾「神子達の戦場」収録)

序盤に手札から使用することでトラッシュに置くことができますし、プレイした場合の能力と[エヴォルシード]効果で発動する能力とに違いがないため、安定した使い方ができます。



【バタフライドミネーション】
バタフライドミネーション
(ブースターパック第11弾「神子達の戦場」収録)

緑のイベントカードで、リソースを追加する効果となっております。

手札からのリソース追加の為、手札枚数が減ってしまうという点が気になりますが、[エヴォルシード]効果で発動した能力の場合、リソースに置くかどうかを選べる任意効果となりますので、柔軟に対応することができます!




■まとめ

登場時の自動能力のみになっていること、採用する場合はデッキ内にイベントカードがある程度必要になることから、どのデッキにも採用できるゼクスエクストラというわけではありません。

しかし、しかるべきデッキで採用すれば安定した潤滑剤となれるゼクスエクストラだと思います!

本日の考察は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


■余談

【告げられし福音ミカエル】や【激憤の堕天使サタン】のような、ストーリーやカードの立ち位置が能力に反映されたゼクスは結構好きです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つまらない突っ込みで恐縮ですが覚醒ですね、降臨ではないです
ミカエルらしい覚醒条件、メインデッキのミカエル達の為の覚醒条件といった印象を受けますね
ミカエルシリーズはイベントやミカエルがトラッシュにあることを前提に強い能力を発揮するのでトラッシュを減らすことはプラスになりにくいのですがデッキトップから戻した分落とすのはそのカバーになるでしょうし、決して弱くはないと思います
パッと思いついたのですがネタデッキとして明日へと組み合すのも面白いかなと
明日へも能力としてデッキトップ2枚を落とす効果がありますからネタESデッキとして禁断の姉妹コラボ(!?)デッキも面白そうですね

Re: No title

>マショウ様

コメントありがとうございます!

確かに[降臨]ではなく[覚醒]ですね、こちら修正しておきます!
いつも細かい部分まで見ていただいて感謝です!


記事内では【ミカエル】デッキをメインに扱っていますが、今思うと【白竜の息吹】や【緑竜の息吹】をゲーム後半でデッキに戻す手段としての採用もあり得ますので、色々と楽しめるゼクスエクストラだと思います!


効果処理でデッキトップ2枚を落とせて、効果も強い。
【まだ見ぬ明日へ】との組み合わせ、普通に有りですね!
プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。