FC2ブログ

【冥魔神生クレプス】について考察! デュナミスから降臨する新しいクレプス!単なるリアニメイト能力だけでは終わらない!?

昨日に引き続き、来年1月25日(木)に発売される「天魔神狂乱(マッド・オーバーロード)」に収録される一枚を考察してみます!
※当分の間はネタに困らなそう




本日考察するカードはこちら!
B23-105「冥魔神生クレプス」
冥魔神生クレプス
カード種類:ゼクスエクストラ
種族:ディンギル/ディアボロス
コスト:7コスト
パワー:10500
降臨条件:黒のゼクス2枚

能力分類:自動能力
プレイヤー指定:大和
有効範囲:スクエア
誘発:このカードがデュナミスから登場する
効果:あなたのチャージにあるカードを3枚選び、トラッシュに置いてよい。3枚置いたならば、あなたのデッキの上から2枚公開し、その中にあるゼクスを1枚まで選び、手札に加え、公開した残りのカードをチャージに置き、あなたのトラッシュにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。


■第一印象
起動能力ではなく自動能力だと…!?

それはさておき、SRではなくHRレアでの収録となっており、イラストは【真夜中の剣乙女クレプス】のように凛々しく、明確に戦闘態勢に入っているところが良いですね!

髪の色が元に戻っていることから、クレプスは完全に復活したと思っていいのではないでしょうか?

武器は変わっているものの、衣装が【宵闇の神翼クレプス】のままなのは意外でした。
(クレプスは衣装が変わることが多いので)


■自動効果
まず気になったのは自動効果解決時にチャージから3枚トラッシュに置く必要があるという点です。

降臨条件を満たす時点でチャージ2枚は確定で存在しているのですが、さらに1枚を余分に要求されます。
つまり、メインフェイズで何かしらの効果を使い【冥魔神生クレプス】登場前にチャージを増やすか、IGフェイズ時に1回IGをやらずにメインフェイズへ移行する必要があるわけです。

(ゼクスではIG1回の差で勝敗が変わるといったことが多々あるため、IGをやらないだけでディスアドバンテージと捉えられることもあります)

マイナス面から見てしまいましたが、「じゃあ【冥魔神生クレプス】は弱いのか?」というとそんなことはありません!

大きなコストを支払った後には大きなリターンが待っているのです。


[リターン1]手札を1枚まで補充することができる

相手に公開する必要はありますが、デッキトップ2枚から好きなカード1枚までを手札に加えることができます!
[ウェイカー]と異なり降臨条件で自分のゼクスを2枚分破壊する必要があるため、手札の補充ができるのはそれだけで優秀です!


[リターン2]チャージの枚数が【冥魔神生クレプス】登場前と同じ枚数まで戻る(または1枚増える)

[リターン1]で手札に加えなかったカードは全てチャージへ置かれます。そのため【冥魔神生クレプス】登場前のチャージ枚数へ最低限戻るようになっています。

さらに[リターン1]での手札補充をあえてしなかった場合、公開した2枚のカードを全てチャージに置くため【冥魔神生クレプス】登場前のチャージ枚数よりも1枚多い状態にするといったことも可能です!


[リターン3]トラッシュから5コスト以下のゼクスをノーマルスクエアに登場させることができる

最早クレプスの代表的な能力といって過言ではないでしょう、トラッシュからのリアニメイト能力も備わっています!

トラッシュから出せるゼクスは5コスト以下とコスト制限はあるものの、出せるゼクスの色や種族は問わない点が非常に魅力的ですね。

(欲を言えばそろそろクレプスさんもプレイヤースクエアへのリアニメイトができるようになってほしいのですが…)


■デュナミス内での競合相手
素敵な能力を備えて公開された【冥魔神生クレプス】ですが、メインデッキではなくデュナミス(俗にいうエクストラデッキ)に採用するカードなため、競合相手がいくつか存在していると思います。

競合相手1)【『冥滅』する神獄エレシュキガル】
『冥滅』する神獄エレシュキガル

同じ降臨条件、同じパワー、更には自動能力を使用する際に支払うチャージ枚数も同じということもあり競合相手の本命といえるカードだと思います。

【『冥滅』する神獄エレシュキガル】と比較した際のメリット・デメリット

【メリット】
・プレイヤースクエアへのリアニメイトが可能である
・自動能力誘発時にノーマルスクエアの相手ゼクス1枚を破壊できる
・<『冥滅』する神獄エレシュキガル>自身が破壊された場合、[エレシュキガル]レベルを上げることができる

【デメリット】
・リアニメイト対象はコスト3以下まで
・手札及びチャージの補充ができない
・[ディアボロス]サポートが受けられない


競合相手2)【魅竜覚星 色欲のルクスリア】
魅竜覚星 色欲のルクスリア

[ウェイカー]なので明確な競合相手と言えないかもしれませんが、黒且つデュナミスに存在する7コストの[ディアボロス]ということで名前を挙げておきたいと思います。
(自動能力もチャージ増加とリアニメイトになっているので似ているしね)

【魅竜覚星 色欲のルクスリア】と比較した際のメリット・デメリット

【メリット】
・[ウェイカー]なので、降臨する際に自分ゼクスを破壊しなくていい
・自動能力でリアニメイトした際、チャージ枚数が1枚増える

【デメリット】
・チャージにコスト5以上のカードがないとデュナミスからプレイできない
・リアニメイト能力使用後、手札の補充がされない

(競合相手に挙げてみたけど、【魅竜覚星 色欲のルクスリア】は意外と競合しないのかも…)


■まとめ
自動能力のコストは重たいけど、その分リターンが大きいですね!
プレイヤーを[天王寺大和]にしている場合ならば個人的に2枚は採用したいナイスカードです!



■余談
少し前のストーリーになりますが大和VSイリューダ&マルディシオン戦の際、クレプスはただ見守っているだけでした。
もしも参戦していたとしたら今回のイラストのような感じで戦っていたのかと思うとなかなか感慨深いものがあります。

さらにカードの右側に書かれている通称ディンギル文字ですが、調べてみるとどうやら[PULUHTU]と書かれているようなので、クレプスは正式に[プリュツ]として覚醒するようですね!
ストーリー展開にも期待させてくれる一枚でした!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめましてですが降臨時能力は大抵自動能力ですのでこれが起動ではないというのは既存クレプスとしてのデザインではなくディンギルのデザインに寄せているだけと思われます
後チャージ3枚使用ですがIGを1回見送らずとも絆リソリンの大和イベが成立したタイミングであれば降臨前に大和をスリープさせればチャージ2枚増えますので同時に手に入るカードで安易に降臨時能力が使えることは見逃さないでいただきたい
後ウェイカールクスリアですがデュナミスから登場させることが出来るカードというのはバルファルクを除き原則1ターン中ウェイカーかディンギル、エブリンどれかですので構築固まってるバイオハザードを除き競合することはないですね

コメント返し

>マショウ様
初めまして、コメントありがとうございます!

諸々のご意見・ご指摘、感謝いたします!

自動能力の件に関しましては、起動能力を持っている[ディンギル/マイスター]の彼女が同弾に収録されることから、無粋ですがつい一言書いてしまいました。
実際、【冥魔神生クレプス】の効果は自動能力で丁度いい塩梅になっていると思います。

絆リソリンによるチャージ増加に関しまして、コメントでの補足、ありがとうございます!
基本的にこの頃の記事は考察するカード単体での記事になっていましたので、相性の良いカードや組み合わせは言及しておりませんでした。
絆リソリンは【冥魔神生クレプス】と同弾に収録され、なおかつ相性がとても良いので、記事内で言及すべきでした。

【魅竜覚星 色欲のルクスリア】関してですが、記事内でも言及しております通り[ディンギル]と[ウェイカー]で違いがあるものの、似たスペックとなっておりましたので紹介させていただきました。
ご存じかとは思いますが、[デュナミス]は採用できる枚数自体が少ないため、効果だけに注目した場合に取捨選択として考えることがあるかも、位に捉えていただければ幸いです。
プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR