FC2ブログ

【九大英雄アレキサンダー】について考察! リビルドによって強化される元祖「アレキサンダー」!手に入れた新たな力はまさかの回収能力!?

12月21日にはEXパック第10弾「オール☆ゼクスターズ」が発売されます!

パートナーゼクスが多く収録されるパックとなっており、強力な新規カードよりもリビルド・再録されるカードのほうが圧倒的に多いです。


リビルドされたカードは今まで持っていた能力に加えて、現在の環境に合わせた新しい能力を獲得しているので、今後目にする機会が増えてくることが予想されます!

本日はEXパック第10弾「オール☆ゼクスターズ」より、リビルドされる【九大英雄アレキサンダー】を考察していきたいと思います!



※画像はリビルド前のものです。
九大英雄アレキサンダー
九大英雄アレキサンダー
カード種類:ゼクス
種族:ブレイバー
コスト:コスト5
パワー:7500

能力分類:起動能力
プレイヤー指定:神門
有効範囲:スクエア
起動コスト:を含むリソース4枚をスリープする。
効果:このカード以外のスクエアにあるゼクスを1枚選び、リブートする。

能力分類:起動能力
プレイヤー指定:神門
有効範囲:スクエア
起動コスト:あなたの手札にあるカードを1枚ゲームから除外する。
効果:このターンの間にあなたの[ブレイバー]が攻撃によって相手のゼクスを破壊していた場合、ゲームから除外されているあなたのカード名に「アレキサンダー」を含むカードを1枚選び、手札に戻してよい。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。




■どんなカードなの?

記念すべきZ/Xのブースターパック第1弾「異世界との邂逅」に収録されていた、「黒崎神門」のパートナーゼクスの1枚目です!

能力もさることながら、イラストがいい味を出しています!


「黒崎神門」は強大な力を持つ[ブレイバー]である「アレキサンダー」に自分を売り込むため、結構な無茶をして協力関係を結びました。

その後、自身の目的を果たすために様々なものを利用しながらも邁進し、時に敗走し、時に圧倒する力を見せつけたりしながら、東京へ向かい、新たな目的を胸に今なお活動を続けております。


そんな「黒崎神門」に様々な注文をされる「アレキサンダー」ですが、愚痴をこぼしながらもしっかり力を奮っているあたり、「黒崎神門」を心から信頼しているのが分かります。

見た目や言動から猪突猛進なイメージがありますが、何だかんだ機微に長け、やはり[九大英雄]に数えられる優秀な[ブレイバー]の1人なのだということを様々なシーンで垣間見せます。



さてそんな「アレキサンダー」ですが、のゼクスらしく攻撃する時に強力な能力を発揮することが多いのですが、最初の1枚目では、自分以外のゼクスをリブートさせて連続攻撃させるという指揮官のような能力となっていました。

連続して攻撃をさせることができるのは強力な能力なのですが、如何せん起動コストが重く、なかなか活躍する機会を得られなかった印象を持っています。


今回、他のゼクスをリブートする能力はそのままに、新たに別の能力を獲得してリビルドされることとなりました。
早速考察してみましょう!




■除外領域にある「アレキサンダー」を回収or除外カード追加!

今回リビルドで獲得した能力は、除外領域にある「アレキサンダー」カードと自分の手札1枚を交換するというものになっています。手札1枚を除外領域へ置きつつ、条件を満たしていれば除外領域にある「アレキサンダー」カード1枚を手札に加えることができるというものになっています。


能力起動の条件として、自身の[ブレイバー]が攻撃によって相手ゼクスを破壊する必要がありますので、【九大英雄アレキサンダー】自身で相手ゼクスを破壊するか、別途別の[ブレイバー]を用意する必要があります。

※コメントよりご指摘いただきましたが、除外領域に置いてある[アレキサンダー]カードと手札との交換をするのに、[ブレイバー]による相手ゼクスの戦闘破壊が必要なだけで、能力起動は手札1枚を除外領域へ置くことで発動が可能です。

そのため、相手ターン中でも除外領域のカードを増やす動きが可能となります。



能力自体は至ってシンプルなため、使い方は下記の2通りに限定されてきます。


・除外領域へ手札のカードを1枚置く。(「アレキサンダー」カードを回収しない)
・除外領域にある「アレキサンダー」カードと自分の手札1枚を交換する。



除外領域の枚数を増やしたい場合、もしくは除外領域に置きたいカードがあるという場合以外は、除外領域にある「アレキサンダー」カード1枚と手札1枚の交換を狙うようになると思います。


手札に戻すことができるカードは「アレキサンダー」を含むカードの指定となっているため、絆リンクのイベントカードである【アレキサンダーと神門 不疑の絆】の回収が可能な点は非常に優秀です。


【アレキサンダーと神門 不疑の絆】
アレキサンダーと神門 不疑の絆
(ブースターパック第21弾「叛逆の狼煙」収録)

【九大英雄アレキサンダー】の自分以外のゼクスをリブートする能力は、起動コストの重さからなかなか発動することがない能力なのですが、相手としては起動が難しかろうが無視したくないゼクスでした。

そんな【九大英雄アレキサンダー】が、手札や除外領域の質をよくする能力を新たに手に入れたのですから、相手が放っておくはずがありません!


その【九大英雄アレキサンダー】を、相手の攻撃による破壊から守るためのイベントカードとしても使用できる【アレキサンダーと神門 不疑の絆】。

このカードが回収できるかどうかは大きなポイントになると思います。



※そもそもの問題としてなのですが、【アレキサンダー】デッキでカードを除外しようとした場合、基本的にはデッキトップからの除外となるため、除外領域に必要なカードが置かれてしまうという事態が発生しやすいです。

そして、現在「黒崎神門」指定で除外領域からトラッシュなどに戻すカードは存在せず、除外領域に置かれたカードは基本的に置かれたままとなり、除外領域のカードは増える一方となりがちです。


そんな現状なので、除外領域の枚数は減りませんが、必要な「アレキサンダー」カードを手札に持ってくることができる【九大英雄アレキサンダー】のリビルド能力は、【アレキサンダー】デッキの安定性を大きく向上させる能力と言えます!




■試してみたい組み合わせ

基本的には【ブレイバー】デッキや【アレキサンダー】デッキでの採用となりますので、そのあたりから何枚か組み合わせを考えたいと思います。


まず、【九大英雄アレキサンダー】自身を低コストで登場させる手段として、【覇王の腹心ブケファロス】と、絆リンクである【闊達なる勇王アレキサンダー】は是非一緒に採用したいカードです!


【覇王の腹心ブケファロス】
覇王の腹心ブケファロス
(ブースターパック第16弾「神域との邂逅」収録)

起動コストが重たいですが、自分のターンに1度、手札または除外領域にある「アレキサンダー」を含むゼクス1枚を指定されたスクエアへ登場させることができます。

■指定スクエア
スクエア画像


【アレキサンダー】デッキならば採用しない理由が見当たらないほど、優秀なサポートカードです!

チャージに置く必要がある点も、自身がスタートカードなので破壊されやすく、ある程度自己完結しているといえます。



【闊達なる勇王アレキサンダー】
闊達なる勇王アレキサンダー
(ブースターパック第21弾「叛逆の狼煙」収録)

このカードがリソースに置かれた時、リソースが6枚以上ある場合、リソースの【アレキサンダーと神門 不疑の絆】をスリープすれば除外領域を3枚まで増やし、除外領域にある「アレキサンダー」を含むゼクスを1枚選んで、ゼクスのないノーマルスクエアへ登場させることが可能です。

除外領域を増やす際の枚数は3枚までと任意になっていますので、【九大英雄アレキサンダー】の能力で次に登場させたい「アレキサンダー」をあらかじめ置いておくなど工夫をすれば、むやみに除外領域のカードを増やさずに済みます!



次に、効果を使用するには[ブレイバー]で相手のゼクスを破壊しなければならないため、【滅神騎王アーサー】も合わせて採用したいところです。


【滅神騎王アーサー】
滅神騎王アーサー
(ブースターパック第18弾「覚醒する希望」収録)

の入ったデッキで[デュナミス]に枠があったら取りあえず採用しておいていい、そういっても過言ではないカードパワーがある1枚です。

今回は自身が[ブレイバー]という点、自動能力で除外領域から【九大英雄アレキサンダー】を登場させることができる点、登場させた場合は7500打点が2枚となる点から、【九大英雄アレキサンダー】の除外領域にある[アレキサンダー]カードと手札1枚を交換する条件を整えるのに噛み合っています。

ターンエンド時に【滅神騎王アーサー】の自動能力で登場させた【九大英雄アレキサンダー】は手札に戻ってしまいますので、リブートさせる能力を使用したい場合は不向きかもしれません。




■まとめ

【アレキサンダー】デッキでは潤滑材となる可能性を秘めいているゼクスだと思います!

惜しいと感じるのは他のアレキサンダーの能力で【九大英雄アレキサンダー】自身が除外されてしまった場合、リカバリー手段が少ない点でしょうか。

「アレキサンダー」の豪快な性格を反映してか、除外するカードの種類を問わずに、息をするように景気よく除外していく点が、現状のデッキ全体の安定度に強く影響しています。


今後の「アレキサンダー」カードにて優秀なものが増えれば増えるほど、【九大英雄アレキサンダー】の能力が活きる場面が増えるはずですので、今後の追加に期待です!


本日の考察は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


■余談

最近【九大英雄パラケルスス】の名前がフレーバーで登場しているけど、 [九大英雄]はいつ全員揃うのだろう…?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>能力起動の条件として、自身の[ブレイバー]が攻撃によって相手ゼクスを破壊する必要があります
「アレキサンダー」の回収に条件はありますが能力軌道に条件はありません。
ですので除外枚数を増やしたい場合、相手ターン中も使用できることも見逃せないポイントです。

Re: No title

コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、能力起動自体は手札があれば相手ターンでもできますね!
能力を少し勘違いをしておりました。

記事へ反映させていただきます!
プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR