FC2ブログ

【雑記】2018年6月8日(金)から適用されるエラッタについて! 突然発表されたエラッタ対応!自分のデッキに影響がないか要チェック!?

封神ではなくエラッタ対応になったのは良い結果…?



さて本記事は、

2018年6月8日(金)から適用されるエラッタ

についてです!





■エラッタされる4枚のゼクス!

今回エラッタ対応となったのは4枚のゼクスで、「遂にメスが入ったか」と思えるものから「なぜに今更?」と思えるものがあります。


取りあえず1枚ずつ取り上げ、どう変わるのかを確認していきましょう!



【七大罪 憤怒の魔人イラ】
七大罪 憤怒の魔人イラ
(ブースターパック第6弾「五神竜の巫女」収録)

◆変更点
・起動能力で破壊できるゼクスが「相手のゼクス限定」になった。


「七大罪 憤怒の魔人イラ」の持つ起動効果は「このカード以外の自分のゼクスを1枚選び破壊し、ノーマルスクエアのゼクスを1枚選び破壊する」というものでしたが、今回のエラッタにより効果の後半で選ぶゼクスに自分のゼクスを選ぶことができなくなりました。


そのため、攻撃後のスリープ状態の自分のゼクス2枚を「七大罪 憤怒の魔人イラ」の効果で破壊し空きスクエアを2面用意する、自分のゼクスと「七大罪 憤怒の魔人イラ」自身を効果で破壊しチャージへ移動するといったことができなくなりました。



管理人としては「精神の魔人アニムス」と「宵の魔人クレプス」を絡めたループで使われていた記憶があり、トラッシュからの蘇生やチャージからの展開を利用したコンボパーツのイメージが強いゼクスです。


【精神の魔人アニムス】
原罪の覚醒アニムス
(EXパック第5弾「蒼海の大決闘」収録)


【宵の魔人クレプス】
宵の魔人クレプス
(EXパック第10弾「オール☆ゼクスターズ」収録)

※「宵の魔人クレプス」がリビルドされた以上上記ではループできなくなって久しいですね。


単純に「自分のゼクスを破壊し、相手のゼクスを破壊する」効果へのエラッタと言えますので、プレイヤーに拘らないデッキの場合は「崩界の王サタン」が競合相手になりそうです。


【崩界の王サタン】
崩界の王サタン
(ブースターパック第22弾「因果からの脱出」収録)


ゼクス単体の性能だけでいうのならば「崩界の王サタン」が圧倒していますが、その分プレイヤーが≪大和≫である必要がありますので「Aウィルスハザードのアクターレ」等の名前を上書きする効果を持つゼクスが存在すれば機能不全に陥ってしまうリスクがあります。


【Aウィルスハザードのアクターレ】
Aウィルスハザードのアクターレ
(EXパック第2弾「日本一ソフトウェア」収録)



大きく騒がれていたのは結構昔のイメージがありましたので意外に感じましたが、最近でも暴れていたのでしょうか?


それともIGOBが登場したことでチャージの有用性が増したことも影響があったのかな?




【フラッシュソーサー アスケラ】
フラッシュソーサー アスケラ
(ブースターパック第15弾「起動!超神器」収録)


◆変更点
・自動能力で手札バウンスするゼクスが「相手のゼクス限定」になった。


「色々なコンボが発見される面白いゼクスだな」位の印象でしたが、遂にメスが入り、自分のゼクスを手札に戻すことができなくなりました。


色々と要因は考えられますが、先週公開された「オリハルコンティラノ」名称のVB「爪牙尾撃オリハルコンティラノ」とのコンボが決定打になった気がします。


※「爪牙尾撃オリハルコンティラノ」は起動能力で手札からノーコストで登場しつつ1枚ドローするので、「フラッシュソーサー アスケラ」と[オーバーブースト]を盤面に用意し、手札に「爪牙尾撃オリハルコンティラノ」があれば無限ドローが成立、「爪牙尾撃オリハルコンティラノ」が2枚あれば無限パンチができるというものです。


上記のコンボをはじめ「フラッシュソーサー アスケラ」を活用した様々なコンボを考えられた方は尊敬しますが、流石に暴れすぎてしまったといった印象です。


エラッタ内容的に自分ゼクスの使い回しという役割が担えなくなったのでコンボパーツとしては使われなくなるかと思いますが、効果自体は悪くないのでまだ採用される可能性はあるのかな…?



【暗黒騎士アルパマーヨ】
暗黒騎士アルパマーヨ
(ブースターパック第14弾「断罪の白焔弓」収録)


◆変更点
・起動効果のプレイが「自分のターン」限定になった。


チャージからの大量展開が狙える「暗黒騎士アルパマーヨ」ですが、すごく今更と言いますか、このタイミングでエラッタされるのは正直意外でした。


公式ページによるスタッフ様からの解説では…

・現状ゲームバランスを乱すカードではないものの、相手のターン中に登場させることができる点が「スクエアに登場したときに効果を発揮するゼクス」の開発に影響を与えてしまう。

・今後「アルパマーヨ」を強化するための「アルパマーヨ」カードを開発する際に、現状の効果ではバランスが乱れてしまう。


とのことです。



確かに最近は登場したときに強力な効果を発揮するゼクスが増えましたし、「アルパマーヨ」は暗黒騎士から解放され、「明日に輝く絆」に新規アルパマーヨが収録されるので、ある意味納得の理由な気もします。



【八宝美神フリージア】
八宝美神フリージア
(Vジャンプ5月号応募者全員サービス)


◆変更点
・リソースからコスト6以下の[リーファー]を登場させる効果が、「1ターンに1度」になった。


[リーファー]デッキのエンジンと言っても過言ではない「八宝美神フリージア」ですが、今回メスが入ることになりました。


管理人的には「八宝美神フリージア」を使う側ではなく使われる側の立場なので、正直嬉しさが勝つエラッタと言えます。


「八宝美神フリージア」から「桜街家執事長 黒薔薇のユーディ」を出して展開、更には「妄想爆発のカンナ」を事前に用意しておけば手札も補充できるとか恐ろしい目にあっていましたので…。


【桜街家執事長 黒薔薇のユーディ】
桜街家執事長 黒薔薇のユーディ
(ブースターパック第18弾「覚醒する希望」収録)


【妄想爆発のカンナ】
妄想爆発のカンナ
(ブースターパック第17弾「裏切りの連鎖」収録)


(「桜街家執事長 黒薔薇のユーディ」の効果で同名の「桜街家執事長 黒薔薇のユーディ」を踏み倒せることがそもそもおかしい気がしますが…。)



私怨はさておき、7月に発売されるブースターパック第25弾「明日に輝く絆」には≪紗那≫のIGOB、ひいては「ユーディ」を中心として[リーファー]の大きな強化が待っていると考えられます。


現状の「八宝美神フリージア」の効果のままで[リーファー]強化が来ると、ちょっと対抗手段が限られると思いますので今回のエラッタは仕方がないのかもしれません。


公式ページのスタッフ様からのコメントを見る限り「八宝美神フリージア」の封神対応も視野に入っていたようですが、正直ターン1回というエラッタはある意味封神対応と同じような気がします…。


「八宝美神フリージア」から展開するというプランは難しくなってしまいましたが、起動効果でチャージの[リーファー]をリソースに置くことができる効果は生きておりますので、今後も何だかんだ見かけることがありそうです!



■まとめ

現在暴れているゼクス、あまり使われないけど今後の開発・強化の為に対象となったゼクスと色々でしたが、いずれも納得ができる裁定でした。


今回はどうしてエラッタをするに至ったのかスタッフ様からのコメントがありますので、そういったところで意見が見えると嬉しいですね。


◆公式ページへのリンク
Z/X制作チームより皆様へ



今回の記事は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!



■余談

そういえばツイッター上でブースターパック第25弾「明日に輝く絆」のイラスト公開が始まっていますね!

完全にイラストのみの公開なので週末にでもまとめた記事を作りたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フリージアは、バジル・水着バジル軸のリーファー単組んでる自分にとっても死活問題ですねぇ…何だかんだ、リーファーの6コストは優秀なイメージです。ユーディカーネーション連パンされなくなった点は評価しますけども…

No title

ついに初代イラ様とフリージアにエラッタが
イラ様は記事でも触れられてましたがアニムスマシャカでよく使われてましたね
アスケラは結構前からセルフバウンスの無限ループ出来るとネタにしていた方いましたね
マーヨはイラ、封神中のマスティハと合わせたマスティハマーヨ無限パンチとかありましたから自ターンのみっていうのはやっとかなって感じですね
フリージアはいつかこういうエラッタされないとまずいだろうみたいに言われてたのがついにされましたね
正直コンボリーファーは使われませんでしたがユーディの登場でリーファー強いデッキが組めるようになったと言われた立役者でもあることは事実ですね
最初Vジャンで紹介された時はリーファー自体が弱いからかわいいだけとか言われてたのがループのキーパーツになってまさかZXRにまでなるとはでしたがついに展開力ダウンを食らうことに…
余談ですが今回も総じて「ループコンボ」に対する見方の変更に伴うエラッタですね
あとセルフプレイングが出来るカードへのエラッタというのは最近よく見る光景になってきてますね
そうなると次のエラッタはレベビ(ヤシギディンギル)で使われてるグレイブバイトですかね
あれも速攻デッキでセルフバウンス決めて無限パンチするようなもんですからそろそろエラッタなりされそうな予感がしますね

No title

更新お疲れ様です。

急なエラッタでちょっと驚いています。

僕の所持デッキに影響はないですが、ループ関係に規制がいったのかな?という印象です。

相手も自分も対象にできるバウンスや破壊は何かとループにされそうなので、今後のカード開発も大変そうです。

うっかり『相手のゼクス』って文章を忘れないようにしてほしいところです。

Re: No title

>クロさん 様

コメントありがとうございます!

[リーファー]を主軸にしているデッキの場合、「八宝美神フリージア」のエラッタは影響が大きそうですね…。
代替になるようなゼクスもそういないでしょうから、今後の[リーファー]の収録に期待したいところです。


>マショウ 様

コメントありがとうございます!

各エラッタに関しまして、詳しい考察ありがとうございます!
確かにおっしゃる通り自分のゼクスを効果対象に取って再利用するものは扱いが慎重になっている印象ですね。

「咬断機械グレイヴバイト」に関しましては[ディンギルLv2]の達成しやすさ、効果対象として選べるゼクスのコスト制限がないことからコンボパーツとして優秀ですし、今後の発展次第な気はしますが危険なゼクスの1枚だとは思います。


>ナリ 様

コメントありがとうございます!

今回は事前連絡等も発信されていなかったと思いますので、本当に急なエラッタでした。
(ある意味、開発陣のフットワークが軽くなったことが表れているような気もしますが…。)

おっしゃる通りループ関連でのエラッタ対応だと思われます。

Z/Xには現状スタン落ち(構築で使えるカードプールをある程度決めている)というものがありませんので、開発する側も想定していない組み合わせが発生することは仕方がないことだと思いますので、おっしゃる通りカード開発は大変だと思います。

「相手のゼクス」という文言が常にあればこういったエラッタは発生し辛いと思いますが、同時に活用方法の幅が狭まってしまうことにも繋がってしまいますので扱いが難しいですね…。
プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR