FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【驕れる『傲岸』スペルビア】について! 「賜わりし者(プリュツ)」となって帰ってきた「スペルビア」![ディアボロス]デッキ向けに調整された良能力だけどストーリーでは早速負けてる!?

やはり管理人の予想は外れる。



さて本記事はブースターパック第24弾「絆が導く未来」より、

【驕れる『傲岸』スペルビア】

についてです!





驕れる『傲岸』スペルビア
驕れる『傲岸』スペルビア

カード種類:ゼクスエクストラ
種族:ディンギル/ディアボロス
コスト:コスト6
パワー:9000
降臨条件:[ディアボロス]2枚


能力分類:自動能力
有効範囲:スクエア
誘発:このカードがデュナミスから登場する。
効果:あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、あなたのデッキの上から3枚公開し、その中にある[ディアボロス]を1枚選び、手札に加えるかチャージに置く。公開したカードがすべて[ディアボロス]の場合、ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、破壊してよい。公開した残りのカードをトラッシュに置く。





■[ディアボロス]向けの[ディンギル]!

久しぶりの登場となる「スペルビア」ですが、今回は≪覇神の欠片≫を手に入れて「賜わりし者(プリュツ)」となって帰ってきました!


「スペルビア」の初登場はVジャンプでの応募者全員サービスパックに収録された「七大罪 驕傲の魔人スペルビア」になりますが、これ2014年のカードになるんですよね…。


【七大罪 驕傲の魔人スペルビア】
七大罪 驕傲の魔人スペルビア
(ジャンプ 3月号 応募者全員サービス 収録)


当時はハンデス要員として猛威を振るっていた時期もありましたが、流石に時代が変わってしまいました…。


今回の「驕れる『傲岸』スペルビア」にはかつてのハンデス要素はありませんが、コスト6でパワー9000を持った[ディンギル]というスペックだけでも有用、更に新たに得た能力は[ディアボロス]デッキの潤滑剤となりうる貴重なもの!

降臨条件や効果といった至る所に[ディアボロス]の指定がありますが、チャージ・手札・盤面・果てにはトラッシュと、触れる部分が多いので種族縛りがあるのも仕方ないですね!?



■やりたい放題な自動能力!

「驕れる『傲岸』スペルビア」の持つ能力は自動能力が1つだけとなりますが効果が詰まっており、正にやりたい放題となっています!


実際に行える効果に関してですが、大きく下記の3つの流れで構成されています。

◆効果1
・デッキトップ3枚を公開し、その中にある[ディアボロス]1枚を選び、チャージに置くか手札に加える。

[ディアボロス]指定及び選ぶカードが公開されているという点で異なってきますが、チャージ又は手札に加える効果の強さは「恋の応援モテッツ」が証明しています。

(「モテッツ」は繰り返し効果が使える可能性があることと、使い勝手の良さが異なりますが)

チャージの枚数を減らさずに試合を進めるのか、手札に加えて更なる展開を目指すのか、盤面によって変わると思いますが任意で選べる点が嬉しいです!


◆効果2
・公開したカードがすべて[ディアボロス]の場合、ノーマルスクエアのゼクス1枚を選んで破壊することができる。

構築に左右されるものの、効果1でアドバンテージを稼いだうえで更に盤面に干渉する可能性があります。

破壊することができるノーマルスクエアのゼクスは自分のゼクスも対象に選べますので更なるチャージ追加及び空きスクエアの確保を狙うことができますし、相手の高コストゼクスを破壊することで状況を覆す動きも狙えます!


◆効果3
・公開した残りのカードはトラッシュへ置く。

効果1で選ばなかったカードはすべてトラッシュへ置きます。

[ディアボロス]にとってトラッシュは第2の手札と言っても過言ではありませんので、リアニメイトを戦術の主軸としたデッキの場合、もはや2枚ドローと同義になる可能性もあります。


つまるところアドバンテージの化身ですね…。


しかもこの効果で支払うチャージの枚数は1枚なので、「驕れる『傲岸』スペルビア」の降臨前後で最低でもチャージを1枚増やせます。

効果1でチャージに置くことを選べばチャージが純粋に2枚増える結果となり、効果2と効果3がおまけで付いてくる状態となるので、降臨した場合は取りあえず自動能力をプレイするという判断もありだと思います!


ただし自動能力をプレイした場合は強制でデッキが3枚減りますので、過信は禁物です。



また、公式ツイッター内で「ビギナーズパック」と相性が良いとありますが、「叱咤のスマイル イラ」との相性の良さが本当に良いですね!


【叱咤のスマイル イラ】
叱咤のスマイル イラ
(「ビギナーズパック」収録)


「叱咤のスマイル イラ」の破壊された時に誘発する自動能力は、「驕れる『傲岸』スペルビア」の降臨素材として破壊された場合にも誘発します。

「驕れる『傲岸』スペルビア」を採用する時点でデッキ内にはある程度の[ディアボロス]が採用されているでしょうから、「叱咤のスマイル イラ」の自動能力の効果にある「あなたのリソースに[ディアボロス]が3枚以上ある場合」の条件も容易に達成していることでしょう。


「驕れる『傲岸』スペルビア」の降臨素材となって「叱咤のスマイル イラ」が破壊された場合、「驕れる『傲岸』スペルビア」の自動能力と「叱咤のスマイル イラ」の自動能力はそれぞれ同時に待機状態になりますので、プレイヤーが任意の順番で解決することができます。


そのため、先に「驕れる『傲岸』スペルビア」の自動能力を解決してトラッシュの[ディアボロス]の枚数を増やしておくことで、「叱咤のスマイル イラ」の自動能力にある「トラッシュに[ディアボロス]が7枚以上ある場合」に選択できるようになる、トラッシュからの[ディアボロス]回収効果を有効にする動きが強力です!


また、IGOBを狙う場合にはチャージの質が要求される場面もありますが、「驕れる『傲岸』スペルビア」及び「叱咤のスマイル イラ」にはそれぞれチャージの内容を操作できる効果がありますので、両方の効果を合わせることで都合デッキトップ5(又は7)枚から任意の[ディアボロス]をチャージに置く、という動きに発展させることも可能です!



■まとめ

4月1日に更新された各プレイヤーの「Xxxx's Road」にて「スペルビア」の動向が追加されていましたので収録は予想していましたが、まさかこんな強力な効果で収録されるとは思ってもいませんでした!


純粋にコスト6の[ディンギル]でパワーが9000というだけでもありがたいのですが、場合によってはそのままIGOBへ繋げる動きもできそうで、今からワクワクが止まりません!


今回の記事は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!



■余談

久しぶりの「七大罪」の登場となりました。

「七大罪」内でも「神祖の仮面」を巡って騒動中となりますが、現状の勢力図としては下記のような感じでしょうか。

◆イラ陣営(ウェイカー派)
・イラ
・インウィディア
・ルクスリア(≪相馬≫関係で離反中)

◆スペルビア陣営(ディンギル派)
・スペルビア
・アセディア
・アワリティア

◆中立・独自
・グラ


こうなってくると「不思議の国のグラ」が両陣営を参照できる[ディアボロスLv]になっているカードデザインは面白いですね。

【不思議の国のグラ】
不思議の国のグラ
(ブースターパック第24弾「絆が導く未来」収録)


「アセディア」や「アワリティア」もまた登場するでしょうし、今から楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です。

【驕れる『傲岸』スペルビア】はディアボロスのデッキなら採用したいゼクスですね。

ただ、クレプスのデッキに入れるのはちょっと悩むかもしれないです。

というのもイベントが少なからず入ると思うので破壊効果が不発する可能性があるからです。

まぁ、破壊する必要が必ずしもあるとは思わないので、多分採用しちゃってるんでしょうけどね。

これで各色の種族関係のEXは出切ったのかな?

青、緑がウェイカーで他がディンギルとなってた思いますが、今後も種族関係のEXが増えたらいいなぁ~って思ってます。

Re: No title

>ナリ 様

コメントありがとうございます!

確かに「クレプス」デッキの場合、
・絆リンクのイベントカード
・IGOBをするための誓いイベントカード
は鉄板として、上記以外にも[ディンギル]オープンイベントや「漆黒の堕界」も入る可能性がありますので「驕れる『傲岸』スペルビア」の破壊効果は不発する可能性は付きまといますね…。

ただ、不発する面を差し引いてもチャージ操作とトラッシュ増加は魅力的なので、採用してしまって問題ないと思います!

また、「驕れる『傲岸』スペルビア」の紹介により各色の特定種族を持った[ゼクス エクストラ]は1種類以上登場となりました。
種族関連のLv能力が登場しましたがまだまだ[ゼクス エクストラ]の種類は足りない状態なので、今後の収録に期待です!

No title

このカードはエヴォルシードとの相性がいいですね。
アリス、マッドハッター、クイーンカグヤ、ルイーナ。
パッと思い付くエヴォルシードのディアボロスだけでこんなにある。
上手く落ちるとごっそりアドバンテージとれそう。
しかし、黒の世界のトップクラスのディアボロスの七大罪が神の力を持ってこんな縁の下の力持ちの能力とは嘆かわしい。
デッキの主役になれそうな能力を期待してた。

Re: No title

>闇野 翼 様

コメントありがとうございます!

なるほど、確かに[エヴォルシード]と組み合わせるのは面白そうですね!
「驕れる『傲岸』スペルビア」の効果ならばデッキトップ3枚の内2枚をデッキからトラッシュへ置く結果となるので、思わぬ動きができそうです。

縁の下の力持ちとなってしまったのは時代の流れもあるのかもしれませんね。
[ディアボロス]メインのデッキで活躍させようと思った場合、IGOBのこともあるのでパートナーゼクスの「クレプス」を推したいでしょうし…。

ただ、IGOB体験会で「驕れる『傲岸』スペルビア」を使う機会がありましたが、非常に強力な[ゼクス エクストラ]ということには間違いありません!

惜しくも盤面破壊の効果は発揮できませんでしたが、それが無くてもチャージを降臨によって増やしつつトラッシュの枚数も増やすのでデッキが回りやすくなります。
そのため、ある意味デッキの主役として必要な存在になっていると感じました!
プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。