FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【魔槍蹴撃クー・フーリン】について! 除外領域から[ブレイバー]を踏み倒す能力を持った[ブレイバー]!踏み倒したゼクスは手札に戻るって、なんだか既視感が!?

槍って蹴るものだったっけ…。



さて本記事はブースターパック第24弾「絆が導く未来」より、

【魔槍蹴撃クー・フーリン】

についてです!





魔槍蹴撃クー・フーリン
魔槍蹴撃クー・フーリン

カード種類:ゼクス
種族:ブレイバー
コスト:コスト6
パワー:9000


能力分類:起動能力
有効範囲:スクエア
コスト:あなたの手札とあなたのトラッシュにあるカードをそれぞれ2枚ずつゲームから除外する。
効果:あなたのリソースに[ブレイバー]がある場合、「魔槍蹴撃クー・フーリン」以外のゲームから除外されているあなたの[ブレイバー]を1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。ターン終了時、そのゼクスを手札に戻す。この能力はあなたのターンにしかプレイできず、1ターンに1回しかプレイできない。





■どこかで見たことあるような踏み倒し&回収能力!

「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力は、除外領域にある「魔槍蹴撃クー・フーリン」以外の[ブレイバー]をノーマルスクエアへ登場させ、ターン終了時に手札に回収するというものです。


・踏み倒すゼクスは除外領域から選ぶ。
・ターンの終了時に手札に戻る。

上記の2点を考えると、赤の[ウェイカー]である「滅神騎王アーサー」を思い出しますね。


【滅神騎王アーサー】
滅神騎王アーサー
(ブースターパック第18弾「覚醒する希望」収録)


「魔槍蹴撃クー・フーリン」と「滅神騎王アーサー」を比較してみると…

◆相違点1
「魔槍蹴撃クー・フーリン」はメインデッキへの採用となるので、プレイできるかどうかは引きに左右される。

◆相違点2
「魔槍蹴撃クー・フーリン」は起動能力なので盤面に存在していれば複数回にわたり起動能力をプレイできる可能性がある。

◆相違点3
「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力で除外領域から登場できるゼクスは[ブレイバー]に限定される。

◆相違点4
「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力で登場することができる[ブレイバー]にはコスト制限がない。

◆相違点5
「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力をプレイする度、手札枚数は減っていく。



細かい部分でまだ相違点は有りそうですが、大筋としては「滅神騎王アーサー」と似たようなゼクスと言えそうです。


除外領域から登場するゼクスが[ブレイバー]限定になった結果、コスト制限が無くなったことはありがたいです!



■除外された[ブレイバー]の回収要員として

自分は「退魔将軍 坂上田村麻呂」をメインとした[ブレイバー]単デッキを組んでおり、トラッシュに落ちてしまった「退魔将軍 坂上田村麻呂」の回収手段に悩んでいましたが「魔槍蹴撃クー・フーリン」が登場したことで改善が見込めそうです!


【退魔将軍 坂上田村麻呂】
退魔将軍 坂上田村麻呂
(ブースターパック第22弾「因果からの脱出」収録)


「退魔将軍 坂上田村麻呂」は手札からプレイされて登場した場合に自動能力が誘発するので「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力で踏み倒しても意味はありませんが、ターン終了時に手札に戻ってくるので次のターンに動けるようになる点はありがたい!



「退魔将軍 坂上田村麻呂」のように登場した場合に能力が誘発する[ブレイバー]で、「魔槍蹴撃クー・フーリン」の恩恵を受けそうなのは「野心の智将 黒田官兵衛」でしょうか。


【野心の智将 黒田官兵衛】
野心の智将 黒田官兵衛
(ブースターパック第7弾「運命の相剋」収録)


「野心の智将 黒田官兵衛」は登場した際に自動能力が誘発しますし、手札に複数枚の「野心の智将 黒田官兵衛」を用意する必要もありますので、「魔槍蹴撃クー・フーリン」との組み合わせはまあまあ良さそうです。

既に手札に「野心の智将 黒田官兵衛」が2枚ある状態で「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力で除外領域から3枚目の「野心の智将 黒田官兵衛」を登場させれば、そのまま手札から2枚の「野心の智将 黒田官兵衛」を踏み倒せるので一気にスクエアを埋めることもできますね!


「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力をプレイした場合、手札が減ってしまうという点ではあまり組み合わせが良くありませんが…。



■減ってしまう手札をどうにかしたい!

考えなく「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力をプレイしていると手札がどんどん少なくなってしまい、結果的に自分の首がゆっくりと締まってしまいます…。


そうならないためにも手札を補充する手段を別途考える必要がありますが、[ブレイバー]には優秀な手札補充能力を持ったゼクスがちらほらいますので、あまり困らないかもしれませんね。


個人的に手札を補充する要員として真っ先に思いつくのは「羞花閉月の美女 大喬」です。


【羞花閉月の美女 大喬】
羞花閉月の美女 大喬
(ブースターパック第18弾「覚醒する希望」収録)

「羞花閉月の美女 大喬」が[ウェイカーLv3]を満たした状態で登場した場合、デッキトップ7枚を公開し、好きな[ブレイバー]を3枚まで手札に食わることができます。

ドローの得意な青の場合でも、1枚のカードで3枚手札を増やすことができるというのはそうありませんし、何よりもデメリットが無いことが優秀です!

また、地味にコスト4というのもありがたく、能力が有効になっていない序盤でも盤面に登場させればプレッシャーを相手に与えることができますし、[ブレイバー]にはコスト4以下を手札から踏み倒す能力を持ったゼクスが最近増えておりますので、コンボ要員として活躍することができます。



しかしながら[ウェイカーLv3]というのはデッキが回らない場合、意外に達成し辛い時があります。

そんな時に活躍するのが「ウェイカーLv」に関係なく仕事をすることができる、「恋せよ女神モリガン」です!


【恋せよ女神モリガン】
恋せよ女神モリガン
(ブースターパック第23弾「天魔神狂乱」収録)

リソースに[ブレイバー]が2枚以上ある状態で「恋せよ女神モリガン」が登場した場合、トラッシュのカードを2枚除外することで、デッキトップ5枚から好きな[ブレイバー]を1枚手札に加えることができます。

「魔槍蹴撃クー・フーリン」の起動能力のコストにもトラッシュのカードが2枚必要になるのでトラッシュのカードが枯渇することには気を付けないといけませんが、組み合わせることで手札消費を差し引き0枚にすることができます!


お互いがフレーバーテキストで登場しているのも個人的にポイントが高いです。


他にも手札を増やすことができる[ブレイバー]は存在しますので、お好みに合った[ブレイバー]をデッキに仕込んでおくと良さそうですね。



■増える除外領域のカードとカードの質

「魔槍蹴撃クー・フーリン」の除外領域から[ブレイバー]を踏み倒す効果ばかりに着目していましたが、単純に除外領域のカードを増やす役割としても優秀ですね!


手札から2枚、トラッシュから2枚で合わせて4枚、除外領域に[ブレイバー]が存在している場合は必ず登場させなければいけないので1枚分減るとしても、除外領域のカードを3枚~4枚増やすことができます。


また、コストで除外領域へ置くカードには[ブレイバー]等の指定がないのも組み合わせの幅を広げているように感じます。

除外領域を増やしたい場合[ブレイバー]デッキだけではなく、[マイスター]や[ミソス]デッキにも少量の[ブレイバー]と共に出張させることができそうです!



■まとめ

除外領域から踏み倒しつつ手札に回収できる動きの強さは「滅神騎王アーサー」が証明していますので、「魔槍蹴撃クー・フーリン」にも期待ができます!

単純に連続攻撃しつつ必要な[ブレイバー]を手札に確保する動きが強力ですが、手札に回収できるのはターン終了時なのでどうしてもタイムラグが発生してしまいます。

終盤等1ターンの遅れが致命的になってしまう盤面でどのように活躍させるか、ある意味腕の見せ所かもしれませんね。


今回の記事は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!



■余談

今日はカードの公開が早かったことに驚きましたが、「ゼクストリーム」の情報をメインに扱いたかったせいなのかもしれませんね。

自分は公式通販で物販を買うくらいしか「ゼクストリーム」に縁がありませんが、今回の物販は中々気になる商品(というかプロモカード)が多いですね!

特に気になった1枚として「宵の魔人クレプス」を最後に紹介したいと思います。


【宵の魔人クレプス】
宵の魔人クレプス
(Tシャツ「ディンギル」に付属)

イラストの良さもありますが、特に気になったのはフレーバーテキスト!


上着も下着も洗濯中なの。……こっちを見ないでくれる?
~アビス・カタストロフ クレプス~



「アビス・カタストロフ クレプス」という新規クレプスの存在が確認できます!

ゼクストリーム自体は5月20日開催ということから、「絆が導く未来」あたりに収録される[スタートカード]の「クレプス」か、[ヴォイドブリンガー]の「クレプス」なのか、はたまた別に「クレプス」が収録されるのか非常に気になります!


※とはいえ [ヴォイドブリンガー]の「クレプス」が妥当じゃないかなと想像はしています。

[スタートカード]は≪大和≫と「クレプス」が出会った頃、[ヴォイドブリンガー]は現在の「クレプス」が描かれる可能性が高いということ。
≪大和≫の[オーバーブースト]の「破滅誓装」の英語読みは「Final Catastrophe Engage」となっており、「アビス・カタストロフ クレプス」にも同じ「Catastrophe(カタストロフ)」の文言が入っていることから時系列を合わせてきそうな気がします。

…あと「宵の魔人クレプス」が持っている黒猫のマグカップ(多分)、商品化されませんかね?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Z/X(ゼクス)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です。
【魔槍蹴撃クー・フーリン】は踏み倒し能力で、何を踏み倒すのか悩んでしまいますね。

コストの割に踏み倒したゼクスが手札に戻るのがちょっとだけ気になるところですが、うまく利用していきたいところ。

記事にあるような組み合わせもいいですし、今まで使いにくかったブレイバーの高コストゼクスを、見直してみるのも面白いのかもしれませんね。

ゼクストリームは参加できないし、ネット通販もやらないタイプの人間なので、物販でのプロモカードは毎回手に入れる事が困難というよりも、手に入らないので、毎度情報を見るだけとなっています。

再録も期待したいですが、どうなんでしょうな?

再録組は仕方ないとして、新規は再録してほしいなと毎回思ってしまうのは、甘えなんですかね?(笑)

イベントとか参加してみたいなぁ~

Re: No title

>ナリ 様

コメントありがとうございます!

おっしゃる通り「魔槍蹴撃クー・フーリン」の能力で踏み倒す対象は考える必要がありそうです。
「甲牙くノ一 望月千代女」等の除外領域へ移動してしまうゼクスを再利用する手段と捉えることもできますが、コスト6を払ってまですることかというと疑問が残ります…。

物販プロモの再録に関しては自分もどこかの機会で入手する機会が増えると嬉しいですね。
「宵の魔人クレプス」のようなイラスト違いの再録系はコレクション面が高いので無いとしても、「ビーチサイドラビット ウェアレプス」のような現状PRのみで収録されていて有用性が高いもの、ドラマCDの特典となっているもの等は再録してほしいです。

(自分の場合、単純に「那由多の鈴クレプス」を光らせたいという願望もありますがw)
プロフィール

ウルタール

Author:ウルタール
初めまして!
本ブログは気になったゼクスのカード考察をメインに扱っています。

※地元高知にあるカードショップ「フリークス本店」様の週末に開かれるショップ大会によく出没します。
ご都合が合う方がいらっしゃいましたら、是非お相手して頂けると嬉しいです!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タグ一覧

    B24_絆が導く未来  B23_天魔神狂乱 B25_明日に輝く絆 E10_EX_オール☆ゼクスターズ PR E11_EX_よめ♡ドラ BG01_ビギナーズパック 開封 B22_因果からの脱出 イグニッション放送局 B21_叛逆の狼煙 F_フリーカード(IGOBエンジョイセット) F31_久遠の誓約 ZP01_ゼクプレ! 無色 B15_起動!超神器 B18_覚醒する希望 B20_祝福の蒼空 F26_双星の旅立ち B07_運命の相剋 E09_EX_サマ・ドラ C04_青葉千歳_翠龍の双刃 B14_断罪の白焔弓 B06_五神竜の巫女 F_『Elshaddai(エルシャダイ)』エンジョイセット CP05_ハジマリノミコ B16_神域との邂逅 B01_異世界との邂逅 B02_巨神の咆哮 F30_満面の神猫 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。